女医推奨の方式で行う安心の無痛中絶手術

綱島ゆめみ産婦人科


 

綱島ゆめみ産婦人科


当院は、日本で許可されている全ての中絶手術を無痛で受けられる、横浜市の産婦人科です。

日本では妊娠 21 週台までの中絶手術が可能で、当院ではこれら全ての無痛中絶手術が可能です。

手術前のご相談、診察、検査は無料です。お金のことは気にせず、早めにご相談にいらしてください。

綱島ゆめみ産婦人科

当院の場所・アクセスはこちら >>クリック


中絶手術のポイントを解説


当ページでは、『 どこで中絶手術を受けたら良いのかよく分からない 』という患者様のために、 中絶手術を受けるにあたり、押さえておくべきポイント が分かるようになっています。

できるかぎり分かりやすく、詳しくご説明しています。
ふだんお医者さんたちがあまり触れたがらない大切な点についてもご説明しています。

長くなりますが、全てお読み頂ければ、『なるほど』『そういうことだったのか』と、きっとお役に立つ情報が得られると思います。

具体的な手術のご説明は次のページ( 2 ページ目 )で行いますが、まず、このページ( 1 ページ目 )では、中絶手術や患者様に対する当院の想いや考え方を知って頂いて、当院の雰囲気や人柄を感じてもらえたらと思います。

※当ページは中絶手術のページです。
→ 出産のホームページ

中絶手術をお考えのあなたへ


中絶したくて妊娠する女性は一人もいません。

単純に間違えて妊娠してしまうケースや、女と男という関係の中で、女性が避妊(ひにん)を望んでも、やむにやまれぬ理由で避妊を実行に移せず、仕方なく妊娠してしまうケースなど、女性が断腸の思いで産まないと決断していることを、当院のスタッフ一同よく理解しています。

他院の産婦人科にお勤めの看護師さんやお医者さんといった同業の産婦人科の専門家たちも、患者様として当院へ中絶手術を受けに来院されます。当院にとっては珍しいことではありません。

産婦人科の専門家でさえ間違えて妊娠してしまい中絶手術を受けることがあるのですから、一般の患者様が中絶手術を受けることは、決して恥ずかしいことではありません。堂々と普通にご相談にいらして下さい。

診察を受けて帰宅してから、手術をするかどうか、自宅でゆっくり決めてもらって大丈夫ですし、あるいは、診察のあと、手術の予約を入れてから帰宅しても、どちらでも大丈夫です。

当院の原点


出産と中絶手術。

全く逆のように見えますが、女性に大きな負担を強いる点ではどちらも全く同じです。産むのも、手術を受けるのも、どちらにしても女性は命がけです。

そんな女性たちの
『 苦しみ、恐怖心、不安を、できる限り 減らしたい 』
この思いが当院の原点です。

手術の痛みへの恐怖感...
手術費用などの経済的な不安...
将来の妊娠出産への不安...
等々

不安や恐怖感をなるべく減らしたり無くしたり、やわらげたりして、少しでも女性が安心できるように寄り添いたいと考えています。

女性の意見を取り入れた中絶手術


院長は、当院を開院する前、様々な病院で腕を磨いてきました。そのなかで、女性の産婦人科医師と一緒に勤務する機会も多く、常日頃から、

もしも、女性医師である先生自身が中絶手術を受けるとしたら、手術に何を求めますか?


と尋ねて対話する機会に恵まれていました。

当院は、そうした数多くの女性の産婦人科医師たちの意見を取り入れた優しい中絶手術をご提供し、患者様の立場に寄り添いたいと考えています。

患者様のお気持ちに寄り添えるよう、当院で中絶手術をお受けになった全ての患者様に、無記名でのアンケートをお願いしてご意見ご感想を吸収し、きめ細かい配慮ができるようにしています。

次のようなご感想が多いです。

とても優しく接してもらえて、うれしかったです。

何か処置をする前に必ずこれからすることを一つ一つ丁寧に説明してくれたので安心して手術を受けることができました。


おかげさまで、当院で手術を複数回お受けになる患者様、あるいは、当院で手術を受けたお知り合いから勧められて手術を受けに来院される患者様、そして、他の病院のお医者さんや看護師さんや医療事務さんなどの同業者の方も手術を受けに来院されます。

大変ありがたいことです。心より感謝しております。

具体的にどのような手術をご提供しているのか、このあと詳しくご説明していきます。

医師のご紹介

綱島ゆめみ産婦人科

当院の院長は 40 代後半で、手術を得意としており、年間 3,000 件以上のペースで中絶手術を行なっています。これまで 20 年以上にわたり産婦人科医として実績を積み重ねています。

中絶手術のほかに、開腹手術も常日頃から行なっています。

開腹手術というのは、お腹を切り開いて内臓を直接さわって切ったり縫ったりする手術で、重症例や困難例など様々な場面での対応力が要求されるため、技術と経験が必要です。

開腹手術後には 1 週間近く厳重な医学的管理下での入院が必須です。開腹手術が技術的にとても難しい手術であることは、ご説明の必要もないかと思います。

院長は、開院前、他の医師たちを指導教育する医師としても活動しており、執筆発表した医学論文が日本産科婦人科学会の優秀論文候補に選出されるなど研究者としての一面も持っております。

学会の最新の治療ガイドラインを採用して一定の安全性を確保したうえで、20 年以上にわたり積み上げてきた研究者ならではの工夫とノウハウで、安全性や快適性を高められるよう配慮しています。

こうした独自の工夫とノウハウを開発できるところも当院の強みの一つであると考えております。

もう少し詳しい院長紹介はこちら >>クリック!
※出産のホームページの医師紹介コーナーへ飛びます。
※飛ぶ先は中絶のホームページではありません。

遅くなる前に早めにご相談を。
(※ 特に 12 週以上の方)


『 どうやら、12 週以上になっているみたい… 』

あてはまる方には、とくに早めのご相談をお勧めしています。

12 週以上になりますと数日くらいの単位で、手術のときのお体への負担が増していくからです。

当院では 12 週以上の中絶手術も得意としており、常日頃から症例数豊富に手術しております。

ご相談にいらしても、手術と出産のどちらかをその場で選ぶよう強制することはなく、決めずに保留のまま帰宅できるなど、患者様のお気持ちを尊重しておりますので、ご安心ください。

手術前のご相談、診察、検査は無料です。お金のことは気にせず、早めにご相談にいらしてください。

手術される場合、たいてい数日以上の入院を余儀なくされる 12 週以上の中絶手術ですが、当院であれば、12 週 ~ 15 週台の手術は、入院の翌朝には退院できます。

ほとんどの患者様が退院してそのまま仕事や学校に復帰されています。

  •  妊娠 11 週台までは → 日帰り(手術当日に帰宅)
  •  妊娠 12 ~ 15 週台 → 1 泊(翌朝には退院可)
  •  妊娠 16 ~ 21 週台 → 2 ~ 3 泊くらい


平日に休みを取れない方のために、平日も土日祝も、通院や手術ができるようにしております。

仕事や学校への影響を抑えることができるかと思います。

時間と手間のかかる各種届出等も当院のほうで全て無料で代行します。

手術の痛みについては、従来から 12 週以上の中絶手術は麻酔なしで行われてきましたが、当院では 12 週以上の中絶手術にも麻酔をかけております。

日本では 21 週台まで中絶手術が許可されています。
当院ではその全ての時期、全ての種類の中絶手術で無痛麻酔をかけています。

患者様の状態や手術の場面に応じて適切な種類の無痛麻酔を使い分けて、痛みを丁寧に取り除いて手術しています。
痛みに弱い女性にも安心して受けてもらえるかと思います。

手術料金もなるべく安価に抑えております。
安価にしている理由があります。

妊娠 12 週以上であることが原因でいくつもの産婦人科で断られて、ようやく当院にたどり着き、手術できることに安心して涙を流す患者様をこれまでたくさん目にしてきました。

『 何とかお力になりたい 』
スタッフ一同、素直にそう思いました。

12 週以上の中絶手術の料金について、少し調べたり他の医師に尋ねたりしたところ、およそ 60 ~ 80 万円くらいが相場だと思います。 高いところですと 100 万円を超えるところもあるようです。

当院では心の底から本当に困っておられる患者様たちに経済的にも安心して手術を受けて頂きたいと考え、できるかぎり負担金額を抑えることにしました。

たとえば、13 週、14 週、15 週以降の場合、それぞれの時期で、患者様が負担する金額は次の通りです。

POINT

妊娠 13 週台 17 万 8000 円
妊娠 14 週台 22 万 8000 円
15 週 ~ 21 週台 32 万 8000 円

この金額には、手術費用のほか、初診料、検査料、麻酔料、埋葬料、術後の検診費用など、手術に関する全ての金額が含まれております。税込表示です。

この手術は人助けの側面が強いと感じており、できるかぎり患者様の立場に寄り添いたいと考えております。

妊娠 22 週になりますと日本の法律では手術することさえ出来なくなります。
『 手術したいのに出来なくなってしまった… 』
そうなる前に早めに ご相談にいらしてください。

妊娠 11 週台までの中絶手術の料金については、次ページ後半でご説明しますが、こちらについても相場よりもかなり抑えた安価な料金でご提供しております。

次ページ
『 中絶手術の安心 30 の理由 』
>>クリック!